イメージイメージイメージイメージイメージ
シンボルマーク
-シンボルマークについて-
About the Emblem of SAFA

当会"SAFA"のシンボルマークは、「沙羅双樹」をモチーフにデザイン致しました。
その「沙羅双樹」の花に皆が手を取り合い八葉(無限)に拡がるようにとの思いを込めました。

TOPICS
SAFAスピリット

ご挨拶〜Greetings〜

 隣人…私たちが生活を営むうえにおいて、お隣り同士、ご近所同士のコミュニケーションは欠かせません。
そこから信頼が芽生え、自助・共助の絆が育まれてきます。

 隣国…お隣りの国々、アジア圏の国々とのお付き合いも同じと考えます。
私たちは世界の平和を願いつつ、アジアは一つとの願いを込め、公益財団法人「南アジア友好協会」を設立致しました。

 各々の国が平和で安全で、国民同士が自由に行き来でき、仲良くなり、知らないことがあれば教え合い、苦しんでいる人がいれば助け合い、共に学んで文化や生活や経済を向上させれば、アジア全体が豊かで幸せになれると考えます。

 それを実現するため、私たちは南アジアのフロンティアと言われるミャンマー(旧ビルマ)と、同じ蒙古斑を持つモンゴル国を幾度となく訪れ、現地の方々との触れ合いを深めていく中、ライフサイクルのお手伝いをたい。そんな思いから、当財団の設立に至りました。

 ミャンマー(旧ビルマ)から始めた活動・・・
今は同国をはじめとするアジア各国の子供たちが笑顔になれる為には、何ができるのかを問い続けながら、強いては、 世界中の子どもたちに、笑顔をプレゼントして参りたいと思います。

 文化・教育・医療交流をはじめ、基幹産業である農・水産業など各分野で、日本の豊富な経験と知識を伝え、アジア諸国の友好交流と振興・発展のために全力で取り組む決意であります。

 隣人であり、隣国である南アジア(ミャンマー)をはじめ、アジア全域(特にモンゴル国)との人材交流始め、各種交流を深め、子どもたちの未来のために歩んで参ります。

 

理 事 長
森田 節子